社会福祉法人みのむし学園 よしだ保育園


木のぬくもりと光を体全体で感じる事ができる施設

社会福祉法人 みのむし学園 よしだ保育園

  平成24年4月1日 開園

入園説明会/願書配布

随時入園可能 

受付:塩尻市役所こども課

平成26年度 全体入園説明会は終了致しました。
よしだ保育園説明は随時しております。お気軽にお電話下さい。
入園希望者のお手続きは市役所こども課にてお願いします。

 

コンセプト

 保育園の役割でありまた目的である家庭との協力のもとに家庭の養育の補完を行う「保育」、
また幼児期の子どもの人間形成のきそを培う「教育」を行う中で、どの子も健やかに育つようまい進します。


1 生活(LIFE)
  家庭に変わり生活をはぐくむ場として、家庭の養育の補完と共に家庭教育を行います。

2 教育(EDUCATION)
  これからの充実した人生を歩むために。
  生活のなかでいろいろな人やもの、出来事に触れること、そこでいろいろなことを感じ・気づき・考える
  ことが、人間形成の基礎になる「こころや知能の芽生え」、また「体の成長」には大切です。

3 食事(MEAL)
  食べることは、子どもたちの健全な心と体の成長にたいせつなことです。
  楽しく食べながら、「食べる」ことの大切さを知ります。

4 子育て支援(SUPPORT)

基本理念


 当園は、児童福祉法に基づき子どもの人権や主体性・個性を尊重し、子どもの最善の幸福のために努力します。
 また保護者や地域社会と力を合わせ児童の福祉を積極的に増進し、あわせて地域における家庭援助を行います。
 子どもの福祉を積極的に進める為に職員は、豊かな愛情を持って接し、子どものより良い環境をつくるため人間性の向上と知識を習得、技術の向上につとめます。
 また、家庭援助の為に常に社会性と良識に磨きをかける努力をしていきます。

保育方針


 自分が自分らしく生きていけるように、そのための基礎をつくる乳幼児期に適切な支援ができるよう、子ども一人ひとりと向かい合い、生きる力の基礎を育てます。

保育目標


 明るく元気で素直な子ども
  1 丈夫な体と情緒が安定している子ども
     心身ともに健康な子ども
  2 大好きな人がいる子ども
     親や家族、保育者や友だちを信じ、自分も好きになれる子ども
  3 自分から遊びを見つけられる子ども
     意欲的な子ども
  4 人の喜びを喜べる子ども、人の悲しみを悲しめる子ども
     人の思いを受け止められる子ども

 

定員

 

  0歳児 1歳児 2歳児 3歳児 4歳児 5歳児
定員 12 15 20 25 25